ゼロエネ住宅

USAMIホーム
省エネ住宅・ゼロエネ住宅への取り組み

ゼロエネルギー住宅

ゼロエネルギー住宅のイメージ

平成28年省エネ基準と比較し、当社標準ベース仕様のココットシリーズで一次エネルギー消費量が25%削減。
オプションにて、断熱材をネオマフォーム・グラスウール32K・セルロースファイバーなどで断熱強化仕様にUPグレードすることができ、断熱強化仕様で一次エネルギー消費量が32%削減。
断熱強化仕様+太陽光システムなどによる自然エネルギー発電システムを搭載し、発電・売電をすることによりゼロエネルギー住宅を実現できます。

省エネ性能

省エネイメージ
省エネ評価の概要※地域住宅グリーン化事業における「ゼロ・エネルギー住宅」の評価基準抜粋
  • 1.[冷暖房設備][給湯設備][照明・換気設備]に係わる『一次エネルギー消費量』を対象として評価します。([その他設備]は評価対象外)
  • 2.上記設備の『基準エネルギー消費量』に対し、断熱性能や各設備の省エネ性能による『エネルギー削減量』の割合を削減率と評価します。
  • 3.上記の『エネルギー削減量』に加え、再生可能エネルギー(太陽光発電やコージェネ等の創エネ)の活用による『エネルギー削減量』の合計が『基準エネルギー消費量』を上回ることで、『一次エネルギー消費がゼロ』となるものと評価します。(売電量を含む)

※27坪モデルプランによる。(室温等利用状況、設備機器により異なります)

UA値(地域区分2地域)
H28省エネ基準 ココット仕様 断熱強化仕様
0.46 W/m²K 0.35 W/m²K 0.28 W/m²K

※27坪モデルプランの値です。UA値は住宅プランにより相違致します。

UA値 ・・・

UA値とは、外皮平均熱貫流率。建物内外温度差を1度としたときに、建物内部から外界へ逃げる単位時間あたりの熱量(換気による熱損失を除く)を、外皮等面積の合計で除した値。数値が低いほど高性能ということになります。 外皮とは、熱的境界になる外壁・床・天井・屋根・窓・ドアなどを指します。

高気密高断熱化の為の断熱共通仕様

  • スタイロフォーム50mmによる基礎断熱工法採用
  • 高性能グラスウールK16 充填断熱+外張り付加断熱
  • サッシはトリプルガラス標準採用
  • サッシ

    トリプルスマージュ

    断熱性能約60%アップ
    中空層10mm(クリプトンガス入り)×2のダブルLow-Eトリプルガラス

  • 外張り付加断熱

    ミラフォーム

断熱オプション

  • 高性能グラスウール32K

  • ネオマフォーム

お問い合わせはこちら

PAGETOP

MENU