よくある質問

グラスウールってなんですか?
グラスウ-ルは断熱材の一種です。断熱性能が高く、加工もしやすい事から建築における断熱材として広く用いられています。発砲プラスチック系がフロンガスを使用しているのに比べ、グラスウ-ルはフロンガスを使用していないのでエコな断熱材といえます。
シックハウスの対策はどうなってるの?
USAMIホームではシックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒドの対策も万全です。内装仕上げ材は全てF☆☆☆☆【JASホルムアルデヒド放散量(もっとも放散量が少ないランク)】を採用。さらに24時間計画換気で快適な住居をご提案します。
Q値とC値っていったい何ですか?
Q値は熱損失係数です。値が小さいほど断熱性能が高いことを示します。一方、C値は隙間相当面積です。
こちらは値が小さいほど気密性能が高いということを表します。USAMIホームの「ハイクオリティ住宅 Q-HOUSE」のQ値とC値は「次世代省エネ基準」よりも小さく、「次世代省エネ基準」を上回る断熱性と気密性を実現しています。
2×6工法って何?
在来工法や2×4工法を超える頑丈型住宅です。北米で生まれた2×4工法がさらに進化し、高性能になったのが2×6工法です。
長期優良住宅って何?
長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅です。認定されるには法律によって定められた基準をクリアし、申請する必要があります。また、この長期優良住宅は、「各種減税」や「住宅ロ-ン」等の優遇措置がうけられます。
設計料ってどの位必要ですか?
「URBAN1000」シリ-ズでは設計料はいただいておりません。弊社専属設計士がお客様にとって最良のプランを提案させていただきます。
標準仕様って何ですか?
「URBAN1000」の本体価格に含まれているキッチンやバスル-ム、外壁、玄関ドア、洗面化粧台等の住宅設備の事です。
冬の建築って、どうなんですか?
しっかりとした工事の管理ができていれば大丈夫です。基礎工事に関してはテントをかけ、ヒ-タ-等で暖めて温度管理をします。また冬期用の強度を増したコンクリ-トを使用しますので問題はありません
瑕疵担保責任保険って何?
住宅瑕疵担保責任保険とは、新築住宅の売り主等(建設業者、宅建業者)が住宅瑕疵担保責任保険法人との間で保険契約を締結し、その住宅に瑕疵が判明した場合、その補修費用等が保険金によりてん補される制度です。保険への加入にあたっては、住宅の工事中に検査が行われます。
地震に強い丈夫な家を建てることができますか?
USAMIホームの「URBAN1000」は面と線で支え、耐震性に優れた2×4工法(枠組み壁工法)を採用。さらに高性能な2×6工法にも対応しています。2×4工法の耐震性は平成7年の阪神大震災や平成16年の新潟中越地震でも証明されています。
建築した後どんなメンテナンスが必要ですか?
主に屋根や外壁の塗装が8年~10年おきに必要となり、一番お金もかかります。最近ではメンテナンスフリ-の素材も豊富です。その他にはボイラーの定期点検、パネルヒ-タ-の循環液の交換等があります。定期的なメンテナンスや清掃で快適な生活を維持する事ができます。当社スタッフも定期的に巡回しますのでご相談ください
土間基礎って丈夫なんですか?
床下一面を鉄筋コンクリ-トで施工する土間基礎は、家の荷重を基礎と床面全体で受けとめ、面で支えます。 また地面をコンクリ-トで覆うので地面からの湿気、虫、アリなどの侵入を防ぐ効果があります。

PAGETOP

MENU